珈琲ものがたり

外務省勤務のかたわら食通としても知られ、昭和の味の本界隈で活躍した著者の珈琲愛あふれる一冊。「珈琲今昔ものがたり」では古今の珈琲トリビアやエピソードを語り、続く「珈琲・世界お国巡り」では、その豊富な海外体験から各国の珈琲事情を紹介。巻末には「全国コーヒー店ベスト700案内」も掲載され、60年代当時の喫茶店の状況や飲まれたコーヒーの香りまでも立ち上ってきそうな構成です。何よりも、表紙を飾る安野光雅によるコーヒーミルの絵の味わい深さよ。少数ですが、本文に挟まれたカットも安野光雅によるもので、その意味でも見応えのある一冊です。そして、外交官をはじめ、海外体験の豊富な人物が諸外国の味を語るという、まだまだ海外旅行が庶民には遠かった昭和半ばらしい一冊ともいえるのではないでしょうか。

*小口の一部、ダストジャケット裏側上部付近に若干のシミあり、他、経年並みにて古書として標準的な状態です。


著者:寺下辰夫
装丁・カット:安野光雅
発行:ドリーム出版
1967年初版
135mm x 190mm / 259P




販売価格 1,500円(内税)
*店舗でも同時に販売しておりますので、入れ違いで売り切れとなる場合もございます。その際は迅速にご連絡いたしますので、どうぞご了承くださいませ(期間限定商品はオンラインのみとなります)。

SOLD OUT







Top © shimotsukibunko All rights reserved.