フィリップ傑作短篇集

名もなき市井の人々、男と女、そして子どもたち。夭折の作家・フィリップによる、ささやかさと厳しさ、そして一条の光が差してくるかのような味わい深き短編集。「アリス」「子供の悲しみ」「自殺志願者」「バターのなかの猫」など、人生の悲哀とおもしろみをたたえた名篇が32作おさめられています。独特のリアリズムと、そんな中にも息づく寓話のような不思議な趣。それらが一体となり、山田稔による名訳もともなって、独自の文章世界を紡いでいます。福武文庫海外文学の中でも珠玉の一冊。

*小口にシミ多し、ページ全体にわたって薄く折れアトあり。読むぶんには問題ありませんが、事前にご了承ください。画像をご覧の上お求めください。


著者:シャルル=ルイ・フィリップ
訳:山田稔
表紙写真:瀬尾明男
装丁:菊地信義
発行:福音館書店
1999年初版
110mm x 150mm / 254P


販売価格 700円(内税)
購入数

*店舗でも同時に販売しておりますので、入れ違いで売り切れとなる場合もございます。その際は迅速にご連絡いたしますので、どうぞご了承くださいませ(期間限定商品はオンラインのみとなります)。








Top © shimotsukibunko All rights reserved.