大森界隈職人往来

「読者へ ふるさとがふたつあると、つねづね思います。生まれ育った町と働いてきたかずかずの工場の、ふところの深さをおもいます。」

馬込文士村があったことでも知られる、現・大田区大森界隈。もうひとつの顔は、海側に広がる町工場の数々であり、そこで旋盤工として生き、作家としても暮らして来た著者のいわば自分史語りのようなノンフィクション。「ふるさと」と語る、働き口である工場でみたひとつひとつの情景が、日本最大のものづくりの現場の歌であるとともに、一人一人の職人の労働と土地への賛歌となっている気がします。安野光雅による装丁・冒頭の地図のカットも素晴らしく、かつ、おびたたしい鉄クズの写真を見返し部分に配したデザインといい、初出のこの単行本の形で楽しんで頂きたいと個人的にも思う一冊です。

*ダストジャケットに若干の黄変あり、他、経年並みにて古書として標準的な状態です。帯付き。


著者:小関智弘
装丁:安野光雅
発行:朝日新聞社
1981年初版
帯付き
136mm x 195mm / 236P



販売価格 1,200円(内税)
購入数

*店舗でも同時に販売しておりますので、入れ違いで売り切れとなる場合もございます。その際は迅速にご連絡いたしますので、どうぞご了承くださいませ(期間限定商品はオンラインのみとなります)。








Top © shimotsukibunko All rights reserved.